Facilities施設・設備

美容師としての技術や感性を磨くためには、最先端のサロンと同じ本物の設備が必要です。
伝統の学び舎に、2009年春に誕生した新校舎。ここには伝統と最先端の両方を完備。
京美には、美容の世界で誰よりも最先端をいく感性と本物の技術力を身につけられる環境があります。

2009年春に誕生した新校舎は、4階建ての町家風ビル。新しさの中にもほっとできる温かい雰囲気があります。1階にはモニターサロンと、職員室に保健室があり、2階から5階には、実習室、シャンプールーム、教室、リラクゼーションルーム、着付けルーム、エステルームなどを配置。1学年80名の定員に対して、ゆとりある広さを実現しています。

プロの感性を確かめ、肌で覚えることができるように、より現場に近い空間にこだわりました。ガラス張りのスペースには、バックシャンプー台がズラリと並び、まるで有名サロンが学校内に再現されたかのよう。臨場感あふれるサロンワークを体感できます。

クラス全員が一度にシャンプー実習を受けることができる広々としたシャンプー室。実際のサロンで使われているものと同じシャンプー台を使っているので、各学生が納得のいくまで練習することができます。

実際にエステサロンで使用されるリクライニング式のエステベッドを採用。エステの授業では、プロの手技や動き方、リラクゼーション方法などをじっくりと身につけることができます。

前面の壁いっぱいに設置された大きな鏡と畳が特徴の着付けルーム。着物のまま入れるトイレもフロア内に完備しており、着付けの授業や日本髪の授業をここで行っています。